Welcome to CoreGarage

1-20-6-1F Ishiwara,sumida-ku Tokyo JAPAN
TEL 03-5637-8966 FAX 03-5637-8967

バイク販売・レストア・カスタム・修理・車検
バイクのことなら何でもご相談下さい!!

Gallery

当店での販売実績車両です。
全て自信を持って販売した車両ですので、少しですがご紹介します。
勿論、ここに掲載されていない車両も、自信たっぷりの車両です。
GPz400F A2 A1仕様
マジでキレイな一台で、これ以外の形容がし難い車両です。車体はA2ですが、フルA1仕様。赤ホイール、エンブレム付きマフラー、フルカウル、オイルクーラー・・・ノンレストアの極上美車。これ以上の車両は現存しないのではないかと思います。

GPz400F A2
前後ホイール換装で、今時な感じがムンムンの1台です。カワサキ系の3本スポークホイールに、オリジナルのLEDテールランプ。このテールランプの製作労力はハンパではありません。ビルトインテールで有名なショップさんの物とは少し仕様が異なります。『下』が残っているのが肝です。現オーナー様がさらにカスタムを進められ、現在オイルクーラーやFCR等装着されてます。その内550にでもなっちゃいそうな勢いです!

GPz400F A3
開業後、直ぐに販売した車両です。最終型でキレイなA3です。今では、これだけしっかりしたGPzは珍しいです。ノンレストア車で、この程度は奇跡の様な車両でした。現オーナー様は、マフラー等でさらにカスタムされております。勿論、純正保管です。

GPZ400R
GPZ400Rのライムグリーンは、非常に珍しく、しかも、この600カラーの紺ライン入りは正に激レアです。今回、お客様にはベース車両の状態よりご契約頂き、コンプリート製作させて頂きました。シリーズを通して共通することの無いラインは、カワサキの拘りが見て取れます。試乗中や、納車前の店頭では人気が集中。『コレは売り物ですか・・・?』と言う質問を何回受けたかわかりません。
オーナー様は、青春時代はライムのZ-GPと、ライム街道まっしぐらです。

GPZ400R D4
『GPZ売ってる割に、ギャラリーにはあんまり画像が無いねぇ~・・・』と言う、身内からの厳しいお言葉を頂きましたので、更新してます。当店一番人気の400Rですが、例の如く、上質車は全体の1割以下。多くがジャンクと等しいコンディションですが、根気良く探せば良いものは見付かります。人気はD4に集中してますが、それでも平成元年からですので、四半世紀経過してます。それなりのトラブルもありますし、フルノーマルではない車両もあります。乗り続ければ調子は維持できますが、放置しがちの方は注意が必要です。

GPZ400R D3
D4の影に隠れて、人気が無いと思われてますが、D3以前が好きな方も当然居られます。D4が『丈夫』と思っている方も多いですが、耐久性はほぼ同じレベルです。D4とはヘッドも違うし、ブレーキも、アンチダイブも違いますし、タンデムバーの有無など色々差異がありますが、実は安定して乗るならD4以前が良かったりします。新品部品が手に入らない物が多いので、中古品を探したりしますが、D4以前とD4では見付けるまでの時間は全然違います。無理してD4よりも、安心してD3と言うのも『手』です。

GPZ400R LIMITED
限定車です。人気カラーでもありますし、シリーズ唯一の赤ホイールです。カラーパターンも600Rや900Rに近く、車体もそのせいか、大きく見えるようです。年式的にもキレイな車体が少なくなりました。当店では、部品を少しずつ買い集めるなどして良い状態の車両をご紹介できるようにしてますが、近年は流通部品も少なくなってきましたので、やはり元々キレイな車両をお勧めします。

GPZ400R改600
正直、笑いが止まらない車両です。コンパクトな車体に600ccエンジン+FCR。足回りも換装済みで、``ビンビン``な1台でした。乗ってると、ニヤけてしょうがないので、スモークシールドが必須アイテムです。勿論、慣れるともう少しと思うところですが、面白く乗れるのはこれ位の排気量ではないかと思います。
GPZ1000RX
前後ホイールを交換し、軽快感が増したRXでした。マフラーはバンス&ハインズのスチール管で、超イイ音。1000ccの余裕の排気量で、ストレスのない走り。外装もキレイ、車体もキレイ。ボロいRXは沢山あるんですが、この車両クラスになると、数は激減します。RXは良いものをこれからも続けていきますので、お探しであれば、たまに覗いてみて下さい。

GPZ1000RX
キレイなRXです。こちらも、完成前にご契約頂きました。RXは転倒すると左右のカウルをかなりの確立で損傷しますので、外装コンディションの良い車両は非常に貴重です。外装がキレイであれば、機関も調子が良い物が多いです。
ノーマルマフラーでも迫力のサウンドですので、十分お楽しみ頂けると思います。
チェーンは、標準は632サイズ。まず在庫がある所などありませんので、530コンバートにする事が手っ取り早い手段です。この車両も、いつまで経っても入荷しないので、530に変更させて頂きました。

GPZ1000RX
この車両も非常にキレイな車両で、キズと言うキズも無く、色艶もしっかりしてます。勿論機関も好調で、文句無く極上の部類に入ります。これ位のコンディションであれば、購入後も愛着がわいて、大事にして頂けると思います。クタクタの車両をキレイに仕上げるには、根気も資金も場所も必要です。価格的には高価ですが、最終的には間違いなくお得になると思います。

GPZ1000RX
この車両は、正確にはNINJA1000Rですね。アンダーカウルのロゴが1000Rで、アッパカウルのロゴがninjaです。仕向け地によって、車名も意匠も変わるのが面白いですね。ハンドルがアップハンドルの物があったりしますので、人気のパーツです。個人的には好きなカラーですが、イマイチ人気が無い様で、いつもこのカラーは在庫しています。ジェントルな雰囲気が魅力なんですが・・・

GPZ900R A5
ロングセラーとなったニンジャですが、人気はA7からの17インチ車。しかし、16インチの車両も捨て難い、実に雰囲気のある1台です。しかも、フルカウルが残る現車は、まさに当時のまま飛び出してきたかのような車両です。アクセントとなる赤ホイールもそのままに、当時憧れの1台を良い状態で所有する。大人向けの遊び道具です。

GPX750R
これは凄くキレイでした。走行も少なく、外装も抜群。ヘッドも凄く静かで、こんな車両もう出てこないだろうなと思います。案の定、この車両以降、これを上回る車両には出会っていません。この時代の車両は、待てば出ると言う時代の車両ではないので、見つけたら捕獲が第一です。
勿論、仕入れも競合が多いので大変です。良い車両はどこのお店で出てもいい値段で取引されます。本当に掘り出し物が少なくなった時代です。

エリミネーター400-1
昔から、何故かエリミが好きで、しかも400なら、この限定のガンメタ/メッキが堪らなくかっこよく見えます。ロー&ロングで水冷4発搭載と言う、今では考えられない車両です。足付き性も良く、大きさもバッチリ。しかも走ると速いと言う、至れり尽くせりの車両です。バックトルクリミッターが砕け散るトラブルがありますが、諦めて交換しましょう!!

エリミネーター900
当時不人気→今人気。良い物は必ず見直されるものです。GPZ系の水冷四気筒エンジン搭載で、パワフルな1台です。900はマフラーも純正でも十分な音量ですし、何と言ってもこのローロングスタイルが人気です。改造部品は皆無で、弄ろうと思うと頭痛くなる車両です。タンク容量が少ないので、高速では頻繁に給油が必要です。750との違いは全く無く、区別すとすれば、マフラー、メーター位ですね。

エリミネーター900
もう一つのカラーが赤です。こうして見ると、赤も良いと思うのですが、それは販売店だからそう思うのかもしれません。殆どが黒への色替えをご希望になります。当店でも何台赤いエリミを黒にした事か・・・比べてみると、やはり黒がマッシブに見えますが、黒エンジンが引き立つ赤い外装も捨て難い車両です。

Z400LTD
LTDです。カラーリングはZ900LTD風に塗りました。写真では色が薄く見えますが、実際はもっと濃い緑で、キマってます。段付きシートにプルバックハンドル、ミッドステップで乗り易い車両です。前期がチェーン、後期がベルトの2種類が存在します。最近、多方面に人気で、フルノーマルからリジットカスタムまで多数見受けられます。好みはノーマルですので、その様な車両を仕入れしますが、カスタムもご相談下さい。

Z400LTD
こちらはノーマルのLTDです。純正のマルーンに純正表皮のシート、ノーマルマフラーでライディングポジションはジャスト。この時代のバイクは凄く乗り易くて、遠出も全然苦になりません。さすがに現行の二気筒には全く適いませんが、そんな乗り方するバイクじゃないのですね。

Z750スペクター
これも凄くいいバイクなんです。ザッパー系エンジン搭載のおかげでZR-7までの部品が流用できます。排気量も750ccですので充分に遠出もできます。シートは段付きシートでLTDと同じくジャスト。スペクターはシャフトドライブなのでメンテナンスもフリーで経済的。
昨今の旧車ブームで引きずり出されたような車両ですが、カワサキはZが人気過ぎてその他が陽の目を見ない。笑
量販店にも大量に並ぶレストア済みのZを前に、『さぁ、どれにしますか?』って言われても・・・ 私はスペクターを選びます。

GSX1100Sカタナ
すっかり大人気のカタナです。``漫画``が映画化したお陰で価格が高騰してます。でも、これまでもっと人気があっても良いんじゃないかと思う所もありましたが、『カタナかぁ~』から『カタナじゃん』に変わったので、カタナ乗りには嬉しい事ですね。

GS1000
キレイな車両でした。機関も好調、外装もキレイ。勿論最近帰国した帰国子女ですが、ヤンキー共の下にあって、このコンディションはコレクター車両と思われます。シート表皮などはリプレイス品ですが、純正と同じパターンの物を使用してます。ノンプレスタンクに、VMキャブでワイヤーチョークのGS。実は非常にレアな固体でした。

GSX750E
いわゆるベコです。私もコレと同じ車両を持ってますが、非常に乗りやすいバイクです。GSやGSX-Rがフューチャーされますが、当店のスズキスタンダードはこのベコです。信頼のGS75Xエンジンは丈夫で長持ち。エンジン関連の部品はカタナ用が使えるので、困る事も無い。これからも長く付き合える車両です。1型のスリムなタンクか、2型、3型のマッチョなタンクか好みが分かれる所ですが、正直どちらも捨てがたい・・・
現車、セブンスターホイールに、ヨシムラ赤サス、アウトバーン集合で、各部再メッキのスケバンさんです。弁当箱オイルクーラーは当時の雰囲気で。

GSX750E-4
イイフォーです。E4。フロントがシビックウインカーに変更されている以外は、フルノーマル。ミラーも勿論ノーマルに戻しました。外装もしっかりしてて、機関も絶好調。不人気なんですが、理由が分からない車両です。正直、CBX750よりもパワフルで、乗り味もダイレクト。おまけにケビン・シュワンツも乗ってたし、最高の1台です。この車両を販売後、イイ固体に巡り合えない・・・ 何処で眠ってるんだE4~~~!!

VF750F
ノーマルのVFとはチョッと違う、この車両、カラーリングもさることながら、足廻りがNSコムスターに変更済みで、リアサスはクワンタムで固めてあります。車両も上がり、マフラーもKERKER集合。V4サウンドが堪らなく最高で、売ることを戸惑った1台でした。キャブレターの脱着は面倒くさいは、同調は取り難いはで、手間のかかる車両ですが、あのサウンドを聞けは吹っ飛びます。お問い合わせが多く、早い者勝ちの車両でしたが、VFシリーズ3台目の『買い増し』と言うマニアの方に変われて幸せな1台です。

CB750K
一般的に、``CBナナハンK``と言うと、Fourを思い浮かべる方が多いと思います。K0とかK2とか言う名称が浸透している為ですが、本当は、この車両を指します。RC01のCB750K。CB750FourからCB750Fへの移行期に、2年間だけ生産された車両です。エンジン型式は勿論RC01E。CB750FもRC01Eです。ご覧の通り、DOHCのツインカムエンジン搭載。4本マフラーがFには無い雰囲気です。リアブレーキがドラムだったり、初期型はフロントがシングルだったりします。探しても滅多出てこない上に、上物はさらに極小。待つしかない車両です。

GL500
非常にキレイでした。この車両もコレだけのコンディションは滅多に見れません。しかも、500と言うレア車両。さらに後期のWディスク。和製グッチと言われる縦置きV型エンジンの、角を取った丸みのあるこの造形美はさすがです。
ミラー以外はフルオリジナル。シートの角も立っていて、ヤレた感じが全くしない、優等生でした。

XJ750
よくヤマハやってないの?って言われるんですが、ヤマハはこのXJが好きなんです。あと下のGXも。それにFJも。XSシリーズは旧Wと比べると色褪せちゃって・・・ 正直、CBよりシルキーなエンジンだと思うんですが、400は人気があるのに、750は・・・でも、そんな事は関係ありません。このエンジンが好きなんです。乗ると分かるんですが、持ってる人が少ないので、乗る機会も余り無い・・・なら売るしかない。って事でいつも探してるんですが、見付からない。しかも見つけてもボロが多い・・・だからチャンスが少ないが、競合も少ない??

GX750
3気筒ですね。最近まで『3?なの?』って言われてましたが、ヤマハは新型で3気筒出したので、さしてビックリもしませんね。でもこの3気筒エンジン、イインですよ~。3の倍数は共鳴してよく回るらしく、心地よいサウンドが楽しめます。好みは後期のデュアルマフラーにキャストホイールですが、スポークも旧車然として捨てがたい。そして黒エンジンも捨てがたい。ミッドナイトスペシャル仕様にしたくなってしまう。妄想家です。

FJ1200
XJRに続く名機ですが、リアが16インチだったり、整備性が悪くて販売店に毛嫌いされたりで、余り見ないですね。当店もリア16インチだと仕入れ対象になりません。リアは17になってるほうが断然安心。どう見ても機関と車体構成が良いのですが、デザインが・・・って事ですかね?個人的には凄く好きで、特にこの青白はフェイバリットカラーです。モリモリ加速して、風圧も少なく、遠出には最適。同じ理由でXJR1200R(ハーフカウル付き)も好きな私です。