カテゴリー別アーカイブ: GP・GPZシリーズ

GPz400F車検~GPZ900Rリアオーリンズ取り付け~GSX750Eホイールペイント

IMG_3384IMG_3381IMG_3382IMG_3391IMG_3392

GPz400Fの車検。
マフラー交換車なので、音量には十分気をつけて挑んだんですが・・・
いつもはパパっと計測してOK頂けるのに、今回は、物凄くシビアな計測。
『お、音量が・・・・音量が・・・・』と思いながらの104.8dbで、余裕のOUT。
そして、光軸もOUTで、再検査です。
音量の再検査は、以前より俄然厳しくなる一方です。
対策して、計測すると、98dbでOK。
すると、『エンジン止めてくださーい。』のお言葉で、内部確認。
『・・・コレ、何入ってるの?』
『サイレンサーですよ・・・』
『いや、サイレンサーは何なの?』
『サイレンサーは・・・、サイレンサーですよ・・・何って言われても・・・・』←困惑全開の表情。
『フンっ』
って事で、OK頂き、光軸もテスター屋でバッチリ合わせたので、OKでした。

次に、GPZ900Rのリアオーリンズ交換です。
ジャッキアップして、サイドカバー外して、ボルト外して・・・
の、ボルトが取れないんです。
上側のボルトが、純正のエアバルブ取り付けプレートに若干干渉して抜けません。
コツは、先に下側を外してから、上側を外すと作業しやすくなります。

そして、GSX750Eベコに取り付ける、GSX-R1100ホイール。
元色が白なので、750用だと思いますが、これがチョコチョコ色が剥がれておりまして、
その部分を修正するつもりが、結局丸塗り。笑。
従って、リアも丸塗り。
マークが無口でシコシコ磨いてました。
さすがに、一日では終わらず、リアは片面残して明日に持ち越し。

週明けにはタイヤ組めると思うので、車体になりますね。
あっ、フォークアウターも塗らねば!!

GPZ400Rタペット調整~GPz400F FCRセット~インパルス事故修理

img_3373img_3374

img_3376
GPZ400Rのタペット調整です。もうかれこれ3回目・・・
調子は凄く良いんですけどね~。少しカチカチってするんですよね~。
でも、実は意外な所がカチカチ鳴ってて、びっくりでした。
これだから、古いバイクの整備は面白い。笑
こう言う発見があると、肥やしになって非常に有難いんですが、
ただ単にハマっているだけだと、マジでオモロくないです。笑
今回は、気持ちがFar away しそうでしたが、何とか戻って来れました。

次にGPz400Fの550ccボアアップにFCRセット。
こちらもジェットを購入して交換→各部調整で、アイドリングしてます。
吹け上がりも上々ですが、もう少し濃くしても良い感じですね。
本日は、お客さんも来店され、色々なお話をしてました。

そして、驚きの東京タワーインパルスの事故修理。
先日、NS400をご契約頂いたお客様からのご依頼ですが、
乗ってきたバイクがRMXで、購入したバイクがNS400。
修理するバイクが東京タワーインパルスと言う変態さんです。

まだ若いのに・・・もう変態・・・
さらに、このインパルスで、林道に入ったと言うから、『ド』が付いてしまう事は、イタシカタナイ・・・。

本日、雨にもかかわらず、ドカティM400ご成約頂きました!
ありがとうございます!!

GPz400F→550ccボアアップ+FCR~

img_3303

GPz400Fのボアアップです。
ワイセコ+FCRで、定番と言えば定番ですが、キャブは32パイを選択。
28でも良いような気もしますが、その後を見越しての選択でした。

しかし、何かと時間がかかってしまい、挙句の果てにここに来てキャブセットを外すと言う失態を犯してしまいました・・・
バルブがダメだったり、カムホルダーが死んでたりと、色々ありましたが、
想定セットアップを外したことが意外とショック・・・
部品注文して、年始には早々に交換します。
しかも、新品なのに、うっすらオーバーフローするし。笑
たまにありますけどね。

う~、徹夜の甲斐が報われない・・・泣

GPz400F ボアアップ~

img_3232

すみません。更新頻度が下がってしまいました。

10月末に、お休み頂いたので、それはそれは殺人的な仕事量が溜まってまして、
消化するのに、1週間も・・・

まぁ、まだ全然終わってないんですが、また更新しなくなるのも、イカンサイクルなので、更新します。

それに、iphoneのアップグレードしたら、パソコンが認識しなくなり、画像の転送も厄介な事態に・・・
早く改善しなければ・・・  汗

さて、GPz400Fの550ccボアアップ。
ネジ穴にタップかけ、スタッドボルトも入れ終わり、これから組むぞ!!ってところで、
ワコーズの組み付けペーストを手に取ったら、何か違和感が・・・。
あれ? 何か、ザラザラする・・・?気のせい??
いーゃ、気のせいでは済まされません。
何か入ってると嫌なので、新しいペーストの注文です。
ワコーズの営業マンが丁度ハンドクリーナー持って来たので、ついでにに発注です。
もちろん、オイルをそのまま添付してもイイんですが、至る所に垂れちゃうので、ペーストがお勧め。
10代の頃は、それこそオイルまみれでモンキーのエンジン組んでましたが、
専門の職業に付くと、それ様の便利な物があるんですよね~。
この仕事に就いてなかったら、組み付けペーストなんて、購入することも無かっただろうなぁ~。笑

という事で、たんぞーピストン、チラ見せです。

img_3091キャーーー たんぞーピストン、してき。

 

フュージョン緊急出張修理~Z1100GP夜間引き上げ~

img_3081
先日、池袋まで夜に出張修理に言ってきました。
ヘッドライトが切れたらしく、ご自分で交換を試みたものの、クリップを紛失してしまい、取り付け不能に。
その前に、自分でできるような作業かと聞かれまして、『ハイ』とお答えしましたが、非常に責任を感じます。汗
という事で、滅多にしませんが出張修理です。
現状を伺いますと、クリップは元の形が分からない位に変形している。
銀色の鉄の金具が取れている。
新しいライトの球はスコスコで固定など全くできないと言う事でした。
間違いなく、ライト自体が破損していると予想できますので、交換用のライトを持参します。
丁度この日、フュージョンを1台解体しましたので、丁度ヘッドライトがあります。
現地について、さぁ交換という所で、お巡りさんの熱い視線を感じます。
軽く会釈しといたら、去っていきました。良かった良かった。面倒くさくならなくて。笑
フロントカウルを外し、ライト交換、ついでにウインカーの調子も良くないと言うことでしたので、リレー交換。
夜の飲食店のお客さんですので、終了の連絡して、キーを渡して終了。
img_3084img_3085

今度は川崎に向かって、Z1100GPを引き上げて、任務完了。
近くのなか卯で、牡蠣フライ定食を食べて帰宅です。
なか卯の牡蠣フライ定食は、今年はお得ですね。
例年、やよい軒の牡蠣フライ定食食べてましたが、今年は1000円超えの大幅値上げ。
やよい軒は、年々ボリュームが少なくなってきているような・・・・

ちなみに、このGP、カスタムのおかげで大変大きく感じます。
テールカウルは、腰の位置ほどになっており、シート高も高い。
倒立フォークに、ゴツイスイングアーム、太いホイール。
エンジンもボアアップ済みで、J系エンジンのもりもりトルクを存分に味わえる車両ですね。
ちょっと乗らない期間があった車両ですので、車検受けて整備・点検してお渡しデス☆

夜ツー 開催~

cg13-156

行って来ました。夜ツーリング。

またしても、間際の告知で申し訳ございません。
午前中は、中止かなぁ~?と思ったんですが、何とか持ちこたえてくれました。
今回は、私も含めて6台!!
何と、そのうちRXが3台!! パチパチパチィ~~。
嬉しい限りです。滅多に見ないRXを3台も見れるなんて。
しかも、ライムのIさんは、赤のSさんのお友達で、今回RX繋がりで参加して頂きました!!
そして、そのお友達のKさんはゼファーでご参加。

もうたっぷりフルカスタムです。

8時~の集合で、8時半には早々に出発!!
最初の角を曲がったところで、早くも事前準備の少なさが露呈してしまいました!!

そうです。ハグれてしまいました。
ようやく連絡が取れて、箱崎のICから乗ったんですが、
このロータリー型ジャンクションの落とし穴にまたハマッテしまいました!!
神奈川へ行くはずが、1人は千葉に、2人は練馬に行ってしまいました!!
OH~NOoooooo!!
そんなこととは露知らず、最初の待ち合わせ場所の、川崎IC脇の休憩スペースへ。
かなり待ったんですが、まったく来ない!!笑
違うルートで行ったのかな?ってことで、海老名へGO!!
最初に逸れてしまった、Kさんに合流して待つこと数分。
練馬方面へ行った2人が到着して、ようやく状況が把握できました。

彼は、間違って千葉に旅立ったと・・・
自分達は、それに気付き、練馬方面へ迂回したと・・・

もう、彼は来ないな・・・
そう思ったとき、千葉のT君が戻ってきました!!
1人市川まで爆走し、Uターンして追いかけてきました!!
凄いぞ!!T君!!
cg13-155cg13-152cg13-151
遅れながらも海老名で夕食を済ませ、少し休憩して帰路に。
来た道を帰るのは、面白くない!!
という事で、第三京浜から湾岸経由で帰ることに。

下道が全く分からないんで、Sさんにお願いして、誘導して頂きました!!

第三京浜から湾岸に出たら、何とな~くチキチキレース開催。笑
黒のKさんとゼファーのKさんの御二方、ぶっ飛ばしまくって、見えません。CBR追いかけちゃうんだもん。笑

大井のPAで少し待機していたら、ライムのIさんが通過。
ぶっ飛び2人組から大井ICの先で待機しているということで、移動しました。

そこで合流して、私なりに反省点過多。
次回開催は、ハグレない様に、もう少し考えます。
cg13-150

今回ご参加頂いた皆様には、大変ご迷惑お掛けしました。
もう少し計画性を重視した内容にしたいと思います。

GPZ1000RXロッカーアーム交換~スカイウェーブ400修理~

cg13-115cg13-116cg13-117
先週から続く、GPZ1000RXの修理。
ロッカーアームを交換する為に、シャフトを抜かないといけないんですが、
本当に微妙なクリアランスの差で、シャフトがフレームに当たって抜けない。
エンジンを少しズラして抜くんですが、前のマウントだけではダメ。
エンジンを降ろさないまでも、前後のマウントボルトは外さないといけません。
ジャッキを駆使して、エンジンを上面に浮き上がらせること5mm。いや、3mmでも良い。笑
ようやくシャフトが抜けました。
シャフトさえ抜ければ、交換は簡単です。約3分。笑
ただし、ココまで来るまでに、ジャッキをセットして、サイレンサーやらエアクリーナーBOXやら外さないと・・・
本当に、フレーム削っちゃおうかと思う位なんですよね~・・・
でも、これまでにズラさなくても外れる車体もあったんで、個体差なのかなぁ~・・・
ついでにウォーターポンプ周りの点検もしたら、Oリングがダメすぎると言う事実発見。追加注文です。

cg13-125cg13-122cg13-120cg13-119
RXは目処が付いたんで、次に修理のスカイウェーブ。
走行中に、突然エンジンが停止した。という事で、各部点検。
ガソリンOK、燃料ポンプOK、点火NG。
全く、火が飛んでませんで、コンピューターOUTかな?と思いますが、
その前にイグニッションコイルの点検です。
目視で明らかに、何かが切れてる。笑
イグニッションコイルへ続くハーネスが切れてます。
この部分、L型のカプラーなんですが、それをストレートに変えるとハーネスがエンジンに接触します。
せっかく直しても、また断線のリスクがありますので、純正と交換です。
直接の原因は、コイルがスイングする場所設置してあるのに対して、ハーネスはフレームにタイラップ留め。
ハーネスに余裕がないと、スイング量によっては負担がかかって切れるという状況です。
少し長めに、且つ、周囲に接触しない範囲で留めてフィニッシュです。

何故だ?修理が異常に増えてきた・・・・ 自分があと二人欲しい。 泣 (T△T)

GPz750F TKキャブからCVKに変更~

cg13-111

今日は、朝から雨でしたが、非常に来客の多い一日でした。
休日で雨だと、皆さん自由度が増すみたいですね。笑

さて、今日はGPz750FのキャブをTKキャブからCVKに変更しました。
TKキャブは、必要な部品は一切手に入らず、キッチリ直すには難しいキャブです。
そこで、キャブレターと言えば、京浜。しかも、CVKは流通量も多く、比較的簡単に手に入ります。
勿論、ジェット類なども細かく手に入りますので、セッティングも可能。
FCRやCR等のレーシングキャブではない選択肢は、この一択と思います。
そこで、今回用意したのは、GPZ900R用。ヒーター無しのタイプです。
勿論、そのままでは装着できませんので、ピッチを変更するステーを製作して装着。
ちょっとインシュレーターが小さいので、この辺りは対策が必要ですね。
取り付けた感じは、色も黒なので違和感無し。
エアクリーナーBOXの装着が絶対だったので、BOXも取り付けます。
今日は、夜遅くなってしまったので、同調取らずにフィニッシュです。
後日、各部詰めて完成の予定です。

古いバイクにCVK、非常に楽チンなバイクになってくれます。

Kさん、GPZ1000RXでツクバデビュー

cg13-102

cg13-101

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GPZ1000RXのKさんが、月曜日にツクバサーキットの走行会に行ってきました。

3本中、まともに走れたのは最初の1本だけだったみたいですが、不満ながらも満足していた様でした。笑

車両も特に大きなトラブルも無く、ツナギもばっちりキメて、奥さんに見守られながら爆走していたそうです!!

次は、新品タイヤに、サイズぴったりのグローブで、10秒切るそうなんで、見守ってます!!

※画像提供:奥様

GPZ1000RX 異音修理~

cg13-100cg13-099cg13-097cg13-096

GPZ1000RXの異音修理、部品も入荷してきたので、早速交換します。
ジェネレーターチェーン周りは一式アッセンブリーで交換です。

同じ様に見えて、実は厚みが違うチャッカリさんです。
厚みが増えた分、必然的に周辺部品も交換です。
対策品というと、大体が大きくなったり、厚くなったりと言う耐久性を上げる作りになります。
構造的には変わらないので、同じ様になるリスクはありますが、
そのサイクルは圧倒的にロングになります。

特に、このエンジンはダエグまで続く、長寿エンジンですので、対策品や強化品に変更されている可能性は高いです。

因みに、RXの純正品番でも正規の部品は出ます。しかし、欲しい部品は全部揃わない。
揃わない部品は諦めて、手に入る部品で直すか、少し高くても、対策品に変更するか、
外観的な変更は無いので、当然後者をお勧めします。