カテゴリー別アーカイブ: ビッグスクーター

フュージョン緊急出張修理~Z1100GP夜間引き上げ~

img_3081
先日、池袋まで夜に出張修理に言ってきました。
ヘッドライトが切れたらしく、ご自分で交換を試みたものの、クリップを紛失してしまい、取り付け不能に。
その前に、自分でできるような作業かと聞かれまして、『ハイ』とお答えしましたが、非常に責任を感じます。汗
という事で、滅多にしませんが出張修理です。
現状を伺いますと、クリップは元の形が分からない位に変形している。
銀色の鉄の金具が取れている。
新しいライトの球はスコスコで固定など全くできないと言う事でした。
間違いなく、ライト自体が破損していると予想できますので、交換用のライトを持参します。
丁度この日、フュージョンを1台解体しましたので、丁度ヘッドライトがあります。
現地について、さぁ交換という所で、お巡りさんの熱い視線を感じます。
軽く会釈しといたら、去っていきました。良かった良かった。面倒くさくならなくて。笑
フロントカウルを外し、ライト交換、ついでにウインカーの調子も良くないと言うことでしたので、リレー交換。
夜の飲食店のお客さんですので、終了の連絡して、キーを渡して終了。
img_3084img_3085

今度は川崎に向かって、Z1100GPを引き上げて、任務完了。
近くのなか卯で、牡蠣フライ定食を食べて帰宅です。
なか卯の牡蠣フライ定食は、今年はお得ですね。
例年、やよい軒の牡蠣フライ定食食べてましたが、今年は1000円超えの大幅値上げ。
やよい軒は、年々ボリュームが少なくなってきているような・・・・

ちなみに、このGP、カスタムのおかげで大変大きく感じます。
テールカウルは、腰の位置ほどになっており、シート高も高い。
倒立フォークに、ゴツイスイングアーム、太いホイール。
エンジンもボアアップ済みで、J系エンジンのもりもりトルクを存分に味わえる車両ですね。
ちょっと乗らない期間があった車両ですので、車検受けて整備・点検してお渡しデス☆

GPZ1000RXロッカーアーム交換~スカイウェーブ400修理~

cg13-115cg13-116cg13-117
先週から続く、GPZ1000RXの修理。
ロッカーアームを交換する為に、シャフトを抜かないといけないんですが、
本当に微妙なクリアランスの差で、シャフトがフレームに当たって抜けない。
エンジンを少しズラして抜くんですが、前のマウントだけではダメ。
エンジンを降ろさないまでも、前後のマウントボルトは外さないといけません。
ジャッキを駆使して、エンジンを上面に浮き上がらせること5mm。いや、3mmでも良い。笑
ようやくシャフトが抜けました。
シャフトさえ抜ければ、交換は簡単です。約3分。笑
ただし、ココまで来るまでに、ジャッキをセットして、サイレンサーやらエアクリーナーBOXやら外さないと・・・
本当に、フレーム削っちゃおうかと思う位なんですよね~・・・
でも、これまでにズラさなくても外れる車体もあったんで、個体差なのかなぁ~・・・
ついでにウォーターポンプ周りの点検もしたら、Oリングがダメすぎると言う事実発見。追加注文です。

cg13-125cg13-122cg13-120cg13-119
RXは目処が付いたんで、次に修理のスカイウェーブ。
走行中に、突然エンジンが停止した。という事で、各部点検。
ガソリンOK、燃料ポンプOK、点火NG。
全く、火が飛んでませんで、コンピューターOUTかな?と思いますが、
その前にイグニッションコイルの点検です。
目視で明らかに、何かが切れてる。笑
イグニッションコイルへ続くハーネスが切れてます。
この部分、L型のカプラーなんですが、それをストレートに変えるとハーネスがエンジンに接触します。
せっかく直しても、また断線のリスクがありますので、純正と交換です。
直接の原因は、コイルがスイングする場所設置してあるのに対して、ハーネスはフレームにタイラップ留め。
ハーネスに余裕がないと、スイング量によっては負担がかかって切れるという状況です。
少し長めに、且つ、周囲に接触しない範囲で留めてフィニッシュです。

何故だ?修理が異常に増えてきた・・・・ 自分があと二人欲しい。 泣 (T△T)

エアロックス セルが回らなーい 修理

cg10 582 cg10 581

エアロックスのセルが回らないトラブルの修理です。

オーナー様よりリレーを交換したが掛からない、という事でお預かりです。

早速ばらして見た所、リレーに電気が来ていません。
そこでスイッチをバラしてみると、キルスイッチの配線がスイッチBOXに噛み込んでました。

『ラッキー☆』と思って見たものの、配線自体は切れていない様子・・・
確認すると、やっぱり切れてない。
次に、スイッチハーネスをたどると、カプラーはラジエターの裏側・・・

確認したいのに、確認できない・・・
気づいた方は素晴らしいですが、このエアロックス、マジェエンジン搭載なんで、ラジエター付です。
フロントカウルに『でーん』と居座ってます。

そして、このラジエターを外すのが苦労しそうなんです。
ラジエターの固定用のボルトが裏側から・・・ トホホ・・・

修理以前に、構成を見極めるのが大変デス。

 

 

 

T-MAX ナビ 取り付け手直し 完了!

cg10 652

 

 

 

cg10 651手直し完了です。

充電されない原因は、+配線を+に、-配線も+に繋いであるという結線ミスでした。

ですが、その前に、色々な物がバッテリーから直に結線してあり、これは大丈夫なのか?状態なので、アクセサリーから取り直しました。

不思議なシガーライターは、USBでした。
12Vに直結はできないので、こうしたみたいです。
ですが、ランプも付きっぱなしになるし、外れると厄介なので、分解して、ランプ無しのソケットレスに改造しました。

その他、何とGPSもバッテリー直結で常に受信すると言うウルトラ仕様!!
引き上げに行っている最中に、バイクが喋っている!!とスタッフが!!
キーは抜いてあるのに、ビックリするではないですか!!

始動直後がウインカーの動きがおかしいと言われていたので、待機中の電力消費が多かったのではないかと思います。

とりあえず、充電も正常、GPSもナビと連動して作動するようになり、完了です。

昼から、接客しながら、車両引き上げしながら作業したので、結局丸1日。

さ~て、工賃は幾らに?

 

 

T-MAX ナビ 取り付け手直し

cg10 646

え~、只今『まいっちんぐマチコ先生』です。

T-MAXのナビの取り付けの手直し。

ガーミンZUMO660と言うナビですが、お高いお品様です。
走り出して2時間ほどで電源が切れてしまうと・・・
という事は、充電されないのですが、それ以前にどこに結線してあるのか、解からない・・・
ETC有り、プロジェクターランプ有り、電飾有り、その他諸々装備されてます。
それらの配線が、このカウルの中に『ぎゅ~』っと詰まってますので、探すのが大変ですね。

ブレーキから取ってあるとの読みは、ハズレでした。
恐らく、充電できないのは、単なる配線ミス?だと思うのですが・・・
カウルあけたらシガーライターソケット等が出てきて、ちょっと焦ります。www

この意味無さ気な物が意外と意味があったりして怖い。ガクガクブルブル((;゚Д゚))