カテゴリー別アーカイブ: ハーレー

ハーレー エボ タペットローラー粉砕

エボのタペットローラーがご臨終です。

エンジンから異音がすると言う事で、昨年から延ばしに延ばして、本日です。
予想通り、タペットローラーが粉砕しています。
ローラーが粉砕して、回らなくなって、『ゴリゴリ』してます。
偏磨耗を通り越し、アウターが削れてます。当然この部分のカムも削れてます。

本来は、エンジンオーバーホールが正しいのでしょうが、
オーナーさんがショベルにスイッチしようか、どうしようか、と言うタイミングですので、
今回は、最低限の修理で収めます。
とは、言っても、ローラーとカムは物理的な破損ですので、交換です。

6万キロのエボリューション。
フルオーバーホールのショベルに乗り換えるか、今の車両を完全に直すか・・・

どっちが正解と言うのは無いので、オーナー様の悩みも尽きないようです。

予断ですが、念願のお手伝いさんが決まりました。
従って、募集を終了したいと思います。
皆様、ありがとうございました。 m(_ _)m

エボリジットスポーツ 本日のお題~

cg13-138

エボリジットのテールランプ、サイドマウントでしたので、シーシーバーに移動しますが、
オーナーさんより、元々付いていたUSナンバーの切れ端も活用せよとの注文が!!

ミズーリ州のナンバーの切れ端なんですが、これをどの様に活用したら良いのか・・・?
何せ、一枚にも満たない状態ですし、おまけに両サイドカット済み。
真ん中に若干歪んで取り付けられているこの元ナンバー。

うーん、どうしたらイイんだぁ~~~~・・・・(; ̄^ ̄)ん~
って悩んでも仕方ないので、取り合えず曲げてみます。
摘んでみます。捻ってみます。

そして、こんな風になりました・・・・ (;^ω^)
cg13-137

cg13-136アストロボーイ
先の尖ったシーシーバーに合わせて、こいつも尖らせてみました。笑
いかんせん、元の状態が悪いので、きれいに見えません。
表面が塗装ではなく、ステッカーみたいなので、傷だらけです。

本当は、もっと帽子みたいにツバを伸ばしたかったんですが、長さが・・・・
キレイな1枚のナンバーがあれば、もっとマシになるな。笑

【注文販売】 エボスポーツリジットGET!!!!!!

cg13-112

長い間探したスポーツスターリジット。
純正フレームのウェルドオンじゃなく、キチンとしたリジットフレームの車両。
アイアンじゃなくて、エボスポーツが乗った、安心できる1台です。
ビッグツインに比べて非常にコンパクト。
横のウルトラと比べると、その大きさの差は一目瞭然です。

先々週、ようやく見付けてGETできたこの1台。
勿論このままでは走行できませんので、各部手直しです。
メーター付けて、ウインカー付けて・・・笑
この手の車両って、殆どがウインカーやらホーンやら付いていません。
アメリカって、本当に自由ですね~。笑
このバイクに至っては、シートも付いてませんが。笑

でも、海を渡ってくるこう言った中古車は、何かと見ても面白い。
考え方が違うと言うか、発想が豊かと言うか・・・ 笑
はたまた、向こうではセオリーなのか・・・?
見た目の問題はさておき、『そういう風にするの~~ぉ?』的なアイディア満載です。

中古車は、それこそ色々な人間が触るので、状態も千差万別。
『何でそうしたのか?』『何でこうなったのか?』
一つ一つ紐解くと、『そうだったのか~!!』となる事もあれば、『??』な事もあります。
そう言う所をクリアするのも面白いし、可能にしてくれる道具、外注業者さん、そしてOK出してくれるお客さんにも感謝です。

GPZ1000RX調整・FXSTB・Z750LTD・GSX1100Sカタナ試乗~夜のライトツーリング

cg13-081

今日はマークがいきなり休んだんで、予定変更しまくりの大忙し。
業者さんの所で、NさんのCBX1000用のサイレンサーの部品を受け取り、追加の穴開け作業。
午後、GPZ1000RXのKさんが敬老の日にサーキットデビューと言うことで、各部調整にご来店。
ブレーキペダルの取り付けをし直し、チェンジペダルを調整し、オイル交換、空気圧チェック。
チェーンにも、円陣家至高のチェーンルブを添付して終了。
その間にZ750LTDのMさんご来店で、クラッチ調整。及び次期カスタムの妄想、いや構想を練ります。
さらにその間に、FXSTBのIさんのテールランプをリベンジして画像送信。しかし、見事玉砕。(笑)
残念、無念、、、スリムキャッツアイでは小さかった・・・
cg13-082
雨が降るんだか振らないんだかの天気で、バイクを出すに出されず、狭小作業になってしまいました。

もう、こりゃこのまま降らんな、という所で、結構良い時間帯。
最後に、GPZ1000RXのSさんご来店で、スーパーライトな夜ツー決定。
先月ご契約のGSX1100Sカタナの試乗がありますので、丁度良い距離を乗れそうです。
cg13-080
店仕舞をして、3台でレッツゴー。
最初の信号で新品のα13が滑りまくりです。笑
ちゃんと熱入れないと、全然ダメですね。
しかし、パワフルなカタナ。TMRのレスポンスが鋭い!! 堪らん!! 楽しい!! 笑

ところで、ノーマルのSさんのRXと前後17インチのKさんのRX。
性格の違う2台を同時に後ろから眺める事なんて、滅多に出来ませんが、非常に勉強になりました。
動き方全く違いますね。笑

そのままレインボーブリッジ回って、近所のコンビニでブレイク。

cg13-079

自分のRXはお客さんのRXを直すために、半分部品取り車に・・・
早く、自分のバイクを直さねば・・・と思う事しきりの本日でした。

そこで、さっそくなお話ですが、9月18日の日曜日の夜に、またまた夜のライトツーリングを行います。
集合場所は、両国橋の脇にある、道路上に集合です。

集合場所はココです。グーグルマップへ移動。
ココは、左側が隅田川の岸壁ですので、ある程度駐車できます。
一般公道、及び近隣配慮の為、待機中はエンジン停止して下さい。

目的地は、海老名サービスエリア。20時集合です。
海老名までは高速道路に乗ります。首都高~東名。
浜町ICから乗りますが、近辺のガソリンスタンドはこの時間開いていないと思われます。ガソリンは満タンでお越し下さい。
オイル量、ブレーキフルード量、ラジエター液、空気圧等事前にご確認下さい。
出来れば、タイヤは何も刺さってないか、目視して頂けると大変助かります。
不安な方は、当日の18時までにご来店頂ければ、無料で見ます。
オイル等、必要な場合はその分だけ費用負担して下さい。

特に、目的は無いのですが、メシでも食って、喋って、当日中には帰宅できるようにしたいと思っています。

告知はこれが初ですので、参加者数名と思います。暇な方は、是非どうぞ。参加者1名でも行きます。笑

どなたでもお待ちしてま~す。
他店購入、来店経験なし、等不問で~す。

※当日、15時までに雨が降っていれば中止します。
際どい判断の場合は、ブログにて速報します。

FXSTB1450 リアフェンダーレス交換→さらに変更・・・

cg13-048

cg13-061リアフェンダーレス交換のナイトトレイン。
テールランプを設置するパネルを作って、ご指定のテールランプを付けると、何か変・・・汗
何だろう?この物足りなさは・・・?あらら?

リアタイヤが200サイズのこのナイトトレイン。
それまでのエボリューションと違って、幅の広いタイヤが標準装備です。
そこに、キャッツアイテールを設置したモンですから、幅も高さも足りない。
普通のキャッツアイテールなのに、ミニキャッツアイみたいに見える。
エボのボブテールだと、程好い大きさでバッチリなんですが・・・

私がそう見えるだけかな?
そう思って他のハーレー乗りのお客さんに聞いてみても、
『ん~~~~・・・・・』
ハーレーのお客さんは目が肥えてるからと、国産乗りのお客さんに聞いても、
『ん~~~~・・・・・』
一番大事なのは、オーナーさんだからと、オーナーさんに聞いてみても、
『ん~~~~・・・・・』

と言うことで、完成を目前にして仕様変更です。泣

キャブ最終 FXSTB1450 ナイトトレイン フェンダーレス

cg13 039cg13 038

ナイトトレインのフェンダーレス。
フェンダーレスというか、PMホイール交換に伴い純正フェンダーと干渉する為、交換します。
ついでに、テールランプも交換。
しかし、09モデルのコイツ用のフェンダーレスキットなんて今更ラインナップが残っているわけもなく、製作です。
実際に装着すると、ナンバーが思いの他、後ろに下がり過ぎたかなと思います。
しかし、安易に前に寄せるとスイングした時にタイヤが当たる・・・
そもそもノーマルフェンダーにインチアップと言うのが厄介な組み合わせですね。
200/55-17→200/55-18に変更されていますので、単純に外径が大きくなってます。
どうにかどこかで妥協点を探らなければ・・・

しかし、お昼頃やっとフェンダーが外れて、次にフェンダーを触ったのが20時。
こうやって一日一日が終わって行くんだなと思います。
求む、何でも弄れるメカニック。

そー言えば、明日は事故のアジャスターが来るんだった・・・ (。´-д-)

エボ イグニッションスイッチ交換~イエローレンズペイント~GSXカタナフェンダーレス

cg13034

 

本日は、先日タンクの修正が完了したGPZ1000RXを引き渡し、
午後からエボのチョッパーのイエローレンズ加工とミッドステップの相談の筈が、急遽イグニッションスイッチ交換に発展。
平行して刀のフェンダーレスの製作です。

お店に到着したエボが、エンジン止めても一定のサイクルでカチカチ言ってます。
何だろーなーって思っていると、サーキットブレーカーがONOFFしている模様。
ヤバイ臭してますんで、取り合えずバッテリー外します。
案の定端子がバチバチしますね。笑
どこに+が落ちてるのかな~と思いながら、考え付くのはスイッチ周りとシーと下付近。
お客さんも『そういやぁ~、昔スイッチ換えたなぁ~』って事で、スイッチの確認。
ビンゴですね。ONでもOFFでもばっちり導通してます。
スイッチを取り外して、分解すると、見事に破損してます。cg13 033

cg13 032cg13 031原因が分かったので、修理してみることにしましたが、どうにも接点がうまく合わない。
導通したりしなかったりと、不安定な状況です。
裏側の丸いクリップを外すと、元の位置までキチンと戻らないのが原因です。
そこで、部品屋のサイトを覗いてみると・・・
『よく壊れますよね!!コレ。安いんで、どんどん換えちゃいましょう!!』
と実に有難い記述が!!

う~~ん、どうやらその様です。
お値段3,000円弱。確かに安い。修理するまでもない。
と言うか、修理するほうが高くなってしまう・・・汗

在庫ありとの事でしたので、お客さん自身が買いに走ることに。
その前に、イエローレンズの加工と言うか、ペイントです。
コレはいたって簡単。
レンズを外して、ただ塗るだけ。
下地の処理だけしっかりとすれば、簡単に塗れます。
薄く、薄~~く、何回も塗れば完璧。
施工はお客さん自身が行ってます。
cg13 030cg13 029cg13 028
帰りがすっかり夜になっちゃいましたが、その間、カタナのフェンダーレスの製作です。
ケツ上げ用のフェンダーレスですので、一般的な製品とは異なります。
図面と言うか、簡単な絵は出来たので、実際にダンボールで作ってみることに。
cg13 027cg13 026
出来れば1枚の板から切り出したいので、頑張って設計しましたが、
どうも少し無理があるようで、実際に作ると大変な金額になってしまうことが判明。
それはイカンという事で、少しの仕様変更です。
まぁ、いわゆる小物入れ無し仕様ですね。
その分、後ろからは中身は丸見えの、まいっちんぐマチ子先生です。

テールは上向きに、ナンバーはテールランプに合わせて面まで引いてと言った感じになります。
フェンダーレスのワンオフ、実は最近要望が多かったりして。
カタナも、ハーレーも、GPZも!!
製造から10年超のバイクは新品のフェンダーレスさえ廃盤。
そりゃ、作るしかないっスね!

リベラ・プリモ ミッドコントロールキット取り付け②

cg10 609 cg10 610cg10 612cg10 614プリモのミッドコントロールキット取り付けのの続きです。

まぁ~、このバイクに使用してあるボルトナットが大きいこと大きいこと。。。
何か外そうと思うたびに、工具が合わない。
合わない上に、その辺じゃ売ってないサイズばかりで、工具の入荷に時間も掛かる。
しかも、ディープソケットじゃないと入らないとか、もうやめてほしいです。笑

今回は、プライマリー側の前後のプーリ外す為の工具に、1万円。
恐らく、この一回使うと、もう何年も使わないだろうなと思うと、すごく切ないです。

そして、今後待ち構える加工作業に、アメ車屋さんでも持っていない様な、バカでかいタップが必要。
お値段23,500円・・・
29mmの極太ドリル+MT変換シャンクで15,000円・・・

ae461bb03bdce93dbad9-LL

 

 

 

 

 

 

 

 

『ああああああああああああああああ』
取り合えず、セルモーター外したので、オーバーホールしました。

そうでもしないと、気がまぎれない?  笑

リベラ・プリモ ミッドコントロールキット取り付け

cg10 577cg10 576cg10 578

 

 

 

レブテックエンジン搭載のチョッパーに、プリモのミッドコントロールキットの取り付けです。

勿論この手の組み立てバイクに専用品なんて無いので、取り合えず買っては見たものの、
比較的簡単に装着できると思っていた右側も、オイルポンプにぶち当たって取り付けられないと言うジャブから始まり、
リアタイヤが250サイズなので、マフラーさえも取り付けられないと言うストレートを頂く始末。
さらに、マフラーエンドのハネ上げが、リアウインカーの位置にJUSTと言うボディーブローで、現在戦意喪失でございます。

イヤー、困った困った。
なんか考えないと、装着できません。

でも、このバイク、3m近くあるので、ミッドステップつけないと運転できません。

ガンバラナクッチャ。(笑

パフォーマンスマシンスイッチ取り付け

cg10 756cg10 755
パフォーマンスマシンのスイッチ、これ通常のインチバー対応の商品です。
巷のファットバーに取り付けできないので、スイッチは純正・・・
又は自作スイッチに変更って言うのがパターンです。

しかし、今回、加工して装着!!

って言う、文章上1行で終わる作業を、莫大な時間と工具と機械を使って完成させました。

このハンドル、クランプ部からテーパーになるんです。
テーパー角なんて分からんし、しかも、お色が黒で、この異形っぷりで銜えるにも掴むにも一筋縄ではいかない、もう、イジメられてる気分です。

もう二度とやりたくないです。

ただ、やったと言う事実は残したいので、載せちゃった。笑