タグ別アーカイブ: ハーレー

ハーレー エボ タペットローラー粉砕

エボのタペットローラーがご臨終です。

エンジンから異音がすると言う事で、昨年から延ばしに延ばして、本日です。
予想通り、タペットローラーが粉砕しています。
ローラーが粉砕して、回らなくなって、『ゴリゴリ』してます。
偏磨耗を通り越し、アウターが削れてます。当然この部分のカムも削れてます。

本来は、エンジンオーバーホールが正しいのでしょうが、
オーナーさんがショベルにスイッチしようか、どうしようか、と言うタイミングですので、
今回は、最低限の修理で収めます。
とは、言っても、ローラーとカムは物理的な破損ですので、交換です。

6万キロのエボリューション。
フルオーバーホールのショベルに乗り換えるか、今の車両を完全に直すか・・・

どっちが正解と言うのは無いので、オーナー様の悩みも尽きないようです。

予断ですが、念願のお手伝いさんが決まりました。
従って、募集を終了したいと思います。
皆様、ありがとうございました。 m(_ _)m

エボ イグニッションスイッチ交換~イエローレンズペイント~GSXカタナフェンダーレス

cg13034

 

本日は、先日タンクの修正が完了したGPZ1000RXを引き渡し、
午後からエボのチョッパーのイエローレンズ加工とミッドステップの相談の筈が、急遽イグニッションスイッチ交換に発展。
平行して刀のフェンダーレスの製作です。

お店に到着したエボが、エンジン止めても一定のサイクルでカチカチ言ってます。
何だろーなーって思っていると、サーキットブレーカーがONOFFしている模様。
ヤバイ臭してますんで、取り合えずバッテリー外します。
案の定端子がバチバチしますね。笑
どこに+が落ちてるのかな~と思いながら、考え付くのはスイッチ周りとシーと下付近。
お客さんも『そういやぁ~、昔スイッチ換えたなぁ~』って事で、スイッチの確認。
ビンゴですね。ONでもOFFでもばっちり導通してます。
スイッチを取り外して、分解すると、見事に破損してます。cg13 033

cg13 032cg13 031原因が分かったので、修理してみることにしましたが、どうにも接点がうまく合わない。
導通したりしなかったりと、不安定な状況です。
裏側の丸いクリップを外すと、元の位置までキチンと戻らないのが原因です。
そこで、部品屋のサイトを覗いてみると・・・
『よく壊れますよね!!コレ。安いんで、どんどん換えちゃいましょう!!』
と実に有難い記述が!!

う~~ん、どうやらその様です。
お値段3,000円弱。確かに安い。修理するまでもない。
と言うか、修理するほうが高くなってしまう・・・汗

在庫ありとの事でしたので、お客さん自身が買いに走ることに。
その前に、イエローレンズの加工と言うか、ペイントです。
コレはいたって簡単。
レンズを外して、ただ塗るだけ。
下地の処理だけしっかりとすれば、簡単に塗れます。
薄く、薄~~く、何回も塗れば完璧。
施工はお客さん自身が行ってます。
cg13 030cg13 029cg13 028
帰りがすっかり夜になっちゃいましたが、その間、カタナのフェンダーレスの製作です。
ケツ上げ用のフェンダーレスですので、一般的な製品とは異なります。
図面と言うか、簡単な絵は出来たので、実際にダンボールで作ってみることに。
cg13 027cg13 026
出来れば1枚の板から切り出したいので、頑張って設計しましたが、
どうも少し無理があるようで、実際に作ると大変な金額になってしまうことが判明。
それはイカンという事で、少しの仕様変更です。
まぁ、いわゆる小物入れ無し仕様ですね。
その分、後ろからは中身は丸見えの、まいっちんぐマチ子先生です。

テールは上向きに、ナンバーはテールランプに合わせて面まで引いてと言った感じになります。
フェンダーレスのワンオフ、実は最近要望が多かったりして。
カタナも、ハーレーも、GPZも!!
製造から10年超のバイクは新品のフェンダーレスさえ廃盤。
そりゃ、作るしかないっスね!