タグ別アーカイブ: 車検

GPz400F車検~GPZ900Rリアオーリンズ取り付け~GSX750Eホイールペイント

IMG_3384IMG_3381IMG_3382IMG_3391IMG_3392

GPz400Fの車検。
マフラー交換車なので、音量には十分気をつけて挑んだんですが・・・
いつもはパパっと計測してOK頂けるのに、今回は、物凄くシビアな計測。
『お、音量が・・・・音量が・・・・』と思いながらの104.8dbで、余裕のOUT。
そして、光軸もOUTで、再検査です。
音量の再検査は、以前より俄然厳しくなる一方です。
対策して、計測すると、98dbでOK。
すると、『エンジン止めてくださーい。』のお言葉で、内部確認。
『・・・コレ、何入ってるの?』
『サイレンサーですよ・・・』
『いや、サイレンサーは何なの?』
『サイレンサーは・・・、サイレンサーですよ・・・何って言われても・・・・』←困惑全開の表情。
『フンっ』
って事で、OK頂き、光軸もテスター屋でバッチリ合わせたので、OKでした。

次に、GPZ900Rのリアオーリンズ交換です。
ジャッキアップして、サイドカバー外して、ボルト外して・・・
の、ボルトが取れないんです。
上側のボルトが、純正のエアバルブ取り付けプレートに若干干渉して抜けません。
コツは、先に下側を外してから、上側を外すと作業しやすくなります。

そして、GSX750Eベコに取り付ける、GSX-R1100ホイール。
元色が白なので、750用だと思いますが、これがチョコチョコ色が剥がれておりまして、
その部分を修正するつもりが、結局丸塗り。笑。
従って、リアも丸塗り。
マークが無口でシコシコ磨いてました。
さすがに、一日では終わらず、リアは片面残して明日に持ち越し。

週明けにはタイヤ組めると思うので、車体になりますね。
あっ、フォークアウターも塗らねば!!

CBX1000車検完了~R100GS修理~CRM50修理

img_3264 img_3265

うーーー、アイフォンの画像をPCに取り込めない・・・・
XPじゃダメみたいで、とほほ・・・Win7に変えなきゃ・・・

えー、大変時間と手間が掛かったCBX1000の改造車の車検。
ようやく車検に合格しました。
ジェネレーター不良な上に、光量不足で、おまけにバッテリーが小さい物に変わっているので、
バッ直でエンジンが止まる始末・・・
ジェネレーター交換しても、さらに足りず、やっぱりバッ直で決めました。
限定検査だったんですが、最後の最後で構造変更になって、最初から検査やり直し。
ん~~、久々にヤキ入れられちゃいました。でも、受かったから良かったけど。
ようやく納車なんですが、洗車したらマフラーから水が入って、排気しない。
水抜き穴がなくて、テールエンドが排気ポートより上と言うデンジャラスな事実に気づいて
速攻で水抜き穴開けました。
おまけに、直前にウインカーが付かなくなって、リレー死亡。
これまた、調整式のリレーに交換して対処しました。
でも、納車したら、追加でハンドル交換になっちゃった・・・アハハのハ・・・ハァ~
古いバイクは色々ありますね~~。。。

img_3262
次いで、先日納車したR100GS。
走ってたら、バックファイヤーと共にエンジン停止。
直ぐに引き上げまして、各部点検しましたら、右ハンドルスイッチのカプラーが外れてました・・・
くそーーー、アングロサクソンめーーーー 爪付けろよなーーー。
BMWは何か、カプラーの不具合多いですね。
以前も、R80G/Sで火が飛ばなくて、イグナイターのカプラー外れてました。笑
ちなみにこの子は、オルタにセルモーター交換の予定です。

img_3261
そして、お客さんの息子さんのCRM50の電装修理。
ウインカー不調、メーター不調です。
個人売買で手に入れたみたいで、社外メーターに、LEDウインカー、デジタルリレーがぐっちゃり。
もう何がなんだか意味不明。
リレーのプラスをロービームから取ってあって、ハイにするとウインカー付きません。ガクッ
その他、ギボシに配線直巻きや切りっ放し配線、意味不明な結線など多数。
取り合えず、『フンフン』と分かるレベルに仕上げました。
しかし、ブレーキを握ると、青々と光り輝くブレーキ灯が!!
こりゃ、アカンやつですね。青はいけません。青は。
こんなもん、売ってはいけないと思うんですけど、何故か流通するんですよね~~。
全く困ったもんだ。

しかし、なぜだ?なぜスルっと終わらない??

 

フュージョン緊急出張修理~Z1100GP夜間引き上げ~

img_3081
先日、池袋まで夜に出張修理に言ってきました。
ヘッドライトが切れたらしく、ご自分で交換を試みたものの、クリップを紛失してしまい、取り付け不能に。
その前に、自分でできるような作業かと聞かれまして、『ハイ』とお答えしましたが、非常に責任を感じます。汗
という事で、滅多にしませんが出張修理です。
現状を伺いますと、クリップは元の形が分からない位に変形している。
銀色の鉄の金具が取れている。
新しいライトの球はスコスコで固定など全くできないと言う事でした。
間違いなく、ライト自体が破損していると予想できますので、交換用のライトを持参します。
丁度この日、フュージョンを1台解体しましたので、丁度ヘッドライトがあります。
現地について、さぁ交換という所で、お巡りさんの熱い視線を感じます。
軽く会釈しといたら、去っていきました。良かった良かった。面倒くさくならなくて。笑
フロントカウルを外し、ライト交換、ついでにウインカーの調子も良くないと言うことでしたので、リレー交換。
夜の飲食店のお客さんですので、終了の連絡して、キーを渡して終了。
img_3084img_3085

今度は川崎に向かって、Z1100GPを引き上げて、任務完了。
近くのなか卯で、牡蠣フライ定食を食べて帰宅です。
なか卯の牡蠣フライ定食は、今年はお得ですね。
例年、やよい軒の牡蠣フライ定食食べてましたが、今年は1000円超えの大幅値上げ。
やよい軒は、年々ボリュームが少なくなってきているような・・・・

ちなみに、このGP、カスタムのおかげで大変大きく感じます。
テールカウルは、腰の位置ほどになっており、シート高も高い。
倒立フォークに、ゴツイスイングアーム、太いホイール。
エンジンもボアアップ済みで、J系エンジンのもりもりトルクを存分に味わえる車両ですね。
ちょっと乗らない期間があった車両ですので、車検受けて整備・点検してお渡しデス☆

テンプター、GB400TT 車検~

img_3074img_3075

本日は、マークにまたまた継続検査の受け方を教えてきました。
前回の検査維持に、やはりわからない所があるそうで、おさらいです。
2台をトラックに載せて、イザ出陣!!
バイクの積み下ろしも慣れてきました。何度も怖い思いをしているので、慎重にラダーを置いてます。笑

検査では、最初に車体番号や灯火器類のチェック、音量のチェックなどを行います。
車体番号見て、ライトつけて、ウインカー左右点滅確認して、テールランプ・・・・  あれ?点かない・・・
尾灯が点灯しません。
続いてマーク。車体番号見せて・・・・
の時に、隣に物凄い自動車が!!
img_3077
2000GTじゃないっすか!!!
もうすっかり、マークの事は忘れて、写真撮っちゃいました。笑
マークのヘルプ視線を感じたのですが、助けちゃ意味無いと、撮影続行。
マークも見事に、尾灯で落とされました。笑
球がレッド球で、ナンバー灯も赤になっちゃったんですね。失敗。確認不足。笑
その後、光軸でも落とされ、再検査。
テスター屋さんで調整して、不合格箇所を見せて、光軸もOK。
ご覧の笑顔です。
img_3078
マークに次は大丈夫か?って聞いたら『ダイジョブダイジョブOKOK。』
と言う、何とも心許ない返事がありました。

帰り際に、オイルフィルターを貰ってきて、GBのオイル交換。
ドライサンプなんで、オイルを抜く箇所は2箇所とフィルターです。
テンプターは、夏に他車用のFCRを無理クリ付けたんで、検査後はセッティングです。
最近、FCRやTMR等のレーシングキャブ取り付け車両が多いですね~。
img_3079
そして、この長い舌みたいな工具。買った時は、『失敗か・・・?』と思いましたが、意外と重宝します。
やっぱり、あれば何でも重宝しますね~~。さすが工具。
無きゃ、使えるかどうかも分からない。

エリミネーター900&400 Z400LTD 車検~

 

cg13 015

本日は、エリミネーター900と400、それに先日光量不足でダメだったZ400LTDの車検に行きました。
Z400LTDはヘッドライトブースター装着で安心の一発合格。
前日の失敗を受けて、本日2台のエリミは事前に光軸テストしました!!
400は一発合格。続いて900も・・・『×』

おぉ・・・テスターかけたのに・・・
判定BOXでダメな理由を聞くと、『ちょ~っと足りないね~~。200カンデラ。』
は~~~~~、ほんとにチョッとじゃないですか~~。(合格は15000カンデラ)
しかし、これくらいなら、何もせずもう一回行っても合格できるかも知れない数値。
でも、実は言われていたんです。光軸屋さんで。
『微妙』と・・・  そうなんです。検査の前から非常に微妙な数値だったんです。
そこで私、思いました。
検査した時、非常に下を向いた状態でした。それは、上下の調整用の部品が付いていないから。
しかし、カウルがあるので真下を向くことはありません。
光軸屋さんから検査場まで数100m。それまでに段差は多数。
『少し下がったか?』と考え、微妙に上向きに修正。
ついでに、『ホットイナズマ』取り付け車両ですので、それを外し、
秘密の液体をライト面に塗り塗り。

結果、

『○』

頂きました。
どれが効果的だったのか、もはや分かりませんが・・・
昔みたいに一日に何度も受験できるなら、ひとつづつ試したんですが、今は3回までですので・・・

ところで、ライトの小さい車両や旧車は、ライトの光量不足と言うのは珍しくありません。
よく、『HIDやLED入れちゃえば?』って事言われますが、入んないんです。
エリミなんて、ライトケースにインジケーター付いているので、何にも入りません。
『球』に賭けるしかないんです。『球』で挑むしかないんです。
それでも、以前は無理矢理装着したこともあるんですが、無理矢理ですので・・・色々と溶けたり、点かなくなったりと不具合が・・・
という訳で、商売的にも個人的にも『球』が好きです。

ちなみにこのエリミネーター900、GPZ900Rタンク加工にBITOフォーク、
ブレンボキャリパー&サンスターローターの組み合わせで、リアはミーン用でめっちゃカスタム。
いやぁ~、諭吉殿がたくさん見えますなぁ~。

ビンセント コメット500 車検~

cg12 063cg12 064cg12 065

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビンセント コメット500です。
リアルカフェレーサーと言うか、ブリティッシュなフレーバーが半端ないです。
先週、こいつの車検に行って来ました。
行って来ましたと言うよりか、この一週間、行き続けていました。笑

戦前?位に古いバイクなので排除要項も多く、動けばいいだろう位に思っていたのが間違い。
排除要項はあっても、ヘッドライトはいかなる年代でも規定がありました。

この車両の規定は1万カンデラ。
一回目、計測したら何と驚きの200カンデラ!! 笑う間もなく一発撃沈!!
正確には、光が無さ過ぎて、機械が計測できない状況に。
この日は諦めて、限定検査証を受け取り、早々に帰ります。

 

店に帰ってから、12Vハイワッテージ電球を加工して、ブチ込み、準備万端。
これで『車検取ったりぃ~~!!』と思っていたら、
翌日、実際に検査を受けると、今度は機械が止まらない・・・
ぐるぐる動くんです。
検査官が『ダメですよー。軸(光軸)が多すぎて、測定できませーん。』

『がちょ~ん』ですよ。がちょ~ん。笑

『軸か~・・・ そんなに多いのか?軸?』と思って、光軸屋さんで見てもらったら、爆笑モンの三つ葉軸。
三つ葉の様な、形の軸が存在して、どこが中心だか定まらない状況でした。

この日も、下唇を噛み締め、一路帰宅。

さーて、ここで非常に困った事になります。
このビンセント様は、非常に古い御車で、各部を触るのも憚られる状態。
おまけに、ハーネスが黒一色という、ドSバイク。
さらには、ライトケースにスイッチやらメーターやら付いていて、
ライト自体を替えると、それらの設置方法が見つけられない徹底振り。
恐らくこのハーネスは後付けなんだと思いますが、気分的にまいっちんぐマチコ先生なのは変わりありません。

普通は、『はぅ・・・』って思うんでしょうが、
私は、『イラっ』とくるタイプなんで、無理付けします。笑

エストレアのヘッドライトベースに、切った張ったを繰り返し、
このライトケースに収めて、光軸調整できるようにして、スイッチを設置。
6Vバッテリーの横に12Vバッテリーをバンドで縛り付けて、バッ直仕様で仕留めます。
cg12 066

 

 

 

 

 

 

 

 
3度目の正直。笑
取りました。車検。
結果は、18500カンデラ、光軸も1点のみでバッチリ。

これで戦前バイクも怖くない。
もう受けないけど。笑