タグ別アーカイブ: KZ1300

KZ1300キャブOH~テンプター400メーターギア交換

img_3246

 

KZ1300のキャブ調整。
久々にハマったと言うか、手こずったと言うか・・・。
脱着だけでも何回やったんだろう?
キャブの必要な部品が欠品していて、現状から妥協点を見出すと言う、旧車ならではの状態です。
キャブもこれまでの幾多のオーバーホールで、物自体ヤレてきてますので、大変です。
今回は、濃い目でしたが、妥協点を見付けてお渡ししました。
どうかな?と思っていたんですが、本日ご連絡頂き、OKと。やった。O(≧∇≦)O
懸案のインシュレーターもタイミング良く新品を購入されてそうで、次回交換です。
img_3255
そして、近所のお客さんの彼のテンプターの修理。
この夏に、FCR付けたんですが、付けるだけだったので、リセッティング依頼。と同時に、
『メーターが壊れたぁぁぁぁぁぁぁ』って事でしたが、メーター単体は問題なく、下のメーターギアが破損。
一通り、部品頼んで交換するんですが、ドラムパネルからギアを取り出すのにまた一苦労。と言うか、取れん!!!
ギアを抑えるプラパーツが変形して、引っかかって抜けません。
怪物くんバリの念力で、柔らかくして、一気に引っこ抜いてやりました。←ウソです。笑
この作業と同時に、前後ブレーキシューと、チェーン、FRスプロケット交換の予定が、
なんと、リアブレーキシューが合わない!!
明らかに大きさが違い、取り付け不能。

深夜に、こんな状態になりますと、大変『ふぁあっく』でございます。
キャブは申し分なく、大変満足と言う事でしたので、その点だけでも良かったです。

本当は、こういう時は叫びたいんですが、近所迷惑なので、胸にしまって、袖を濡らす日々です。

あー、人員が欲しい。マーク未だ帰らず・・・(_ _,)/~~  プシュ~

夜ツー 開催~

cg13-156

行って来ました。夜ツーリング。

またしても、間際の告知で申し訳ございません。
午前中は、中止かなぁ~?と思ったんですが、何とか持ちこたえてくれました。
今回は、私も含めて6台!!
何と、そのうちRXが3台!! パチパチパチィ~~。
嬉しい限りです。滅多に見ないRXを3台も見れるなんて。
しかも、ライムのIさんは、赤のSさんのお友達で、今回RX繋がりで参加して頂きました!!
そして、そのお友達のKさんはゼファーでご参加。

もうたっぷりフルカスタムです。

8時~の集合で、8時半には早々に出発!!
最初の角を曲がったところで、早くも事前準備の少なさが露呈してしまいました!!

そうです。ハグれてしまいました。
ようやく連絡が取れて、箱崎のICから乗ったんですが、
このロータリー型ジャンクションの落とし穴にまたハマッテしまいました!!
神奈川へ行くはずが、1人は千葉に、2人は練馬に行ってしまいました!!
OH~NOoooooo!!
そんなこととは露知らず、最初の待ち合わせ場所の、川崎IC脇の休憩スペースへ。
かなり待ったんですが、まったく来ない!!笑
違うルートで行ったのかな?ってことで、海老名へGO!!
最初に逸れてしまった、Kさんに合流して待つこと数分。
練馬方面へ行った2人が到着して、ようやく状況が把握できました。

彼は、間違って千葉に旅立ったと・・・
自分達は、それに気付き、練馬方面へ迂回したと・・・

もう、彼は来ないな・・・
そう思ったとき、千葉のT君が戻ってきました!!
1人市川まで爆走し、Uターンして追いかけてきました!!
凄いぞ!!T君!!
cg13-155cg13-152cg13-151
遅れながらも海老名で夕食を済ませ、少し休憩して帰路に。
来た道を帰るのは、面白くない!!
という事で、第三京浜から湾岸経由で帰ることに。

下道が全く分からないんで、Sさんにお願いして、誘導して頂きました!!

第三京浜から湾岸に出たら、何とな~くチキチキレース開催。笑
黒のKさんとゼファーのKさんの御二方、ぶっ飛ばしまくって、見えません。CBR追いかけちゃうんだもん。笑

大井のPAで少し待機していたら、ライムのIさんが通過。
ぶっ飛び2人組から大井ICの先で待機しているということで、移動しました。

そこで合流して、私なりに反省点過多。
次回開催は、ハグレない様に、もう少し考えます。
cg13-150

今回ご参加頂いた皆様には、大変ご迷惑お掛けしました。
もう少し計画性を重視した内容にしたいと思います。

KZ1300 SHOEI当時物ビキニ装着~CBX1000モトコ当時物ビキニ装着~R100GS シングルシート取り付け~

cg13 019cg13 016cg13 020

本日は、CBX100へのモトコの当時物ビキニカウルの装着。

結構『飛ばす』オーナー様ですので、取り付けはしっかりと。
カウル下部からライトステーに向けて2mm厚のステーを製作しました。
上側は、アルミステーで固定。
この状態で、カウルを持っただけで、車体が揺らせます。

お次は、KZ1300に当時物ビキニカウルの装着。
SHOEIの角ライト用のビキニカウル、何とカナダにあったデットストックを取り寄せ、
KZ1300に合う様にリペイントし、装着です。
普通に付けると、かなり手前に来てしまう為、ライトステーを2.5cm延長して5mm上げる。
ウインカーは本来の位置だとカウルに干渉してしまうので、下に下げて装着。
その際に、ちゃっかりステーも2cm短いものに換えました。
お陰で、カウルはステムカバーとツライチに装着。
ウインカーもカウルから飛び出さず、ビシリとマトマッてます
チリが合っているので、社外感無し。純正然としています。

R100GSは、オーナー様が個人輸入されたプログレッシブのリアサスとシングルシートキットの取り付け。
簡単に付くと思いきや、まさかの手間作業・・・トホホ
リアサスが長くて、入らないトラブルが!!
スイングアームもMAX下げてあるのに入らない・・・入らなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~ぃ!!
叫んでもしょうがないので、少しサスを縮めてどうにか装着完了。持ってて良かったスプリングコンプレッサー❤️
シングルシートもチャチャッと・・・
とは行かず、やはりワッシャーやカラーを補充しないと付かない・・・
正確には、既存のリアキャリアと水平が出ない・・・
もちろん、補充して水平出して完了。
鍵の位置が悪くて、キーが挿せない状況になりましたが、カラーでオフセットして何とかクリアー!!

何事も、一筋縄では行かないですね。
特に、汎用品や流用品は加工が付き物で大変です。
付けるだけなら簡単ですが・・・
あれ?でも、実は付けるだけで良かったのかな?
こういう風にしか付きません!!って言う答えもアリなのかもしれない・・・ (-ω-;)ウーン

KZ1300 キャブオーバーホール~

KZ1300のキャブのオーバーホールです。
始動性は良いが、アイドリングは長続きしない、電源が切れたかの様にエンストする、
チョークを引いてもあまり回転が上がらない・・・

という事で、先ずはキャブのオーバーホールです。

cg12 039

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6気筒ですが、キャブは2バレルの3キャブですので、おっきな3気筒みたいなもんです。

それで、今回はオーバーホール自体は何の問題もなかったのですが、
色々部品が足りませんで・・・

フロートバルブを押さえるスプリングが1つ欠品。→廃盤
スロットルロッドの中のスプリングシートが2つ欠品→廃盤

このスプリングが無い為か、そこのキャブは激しくオーバーフロー
オーバーフローが止まらない~♫もぅ止まらない~♫ 失礼、おふざけが過ぎました。

スロットルロッドのスプリングシートは、調整に影響するので、必須です。
ですので、夜なべして作りました。
cg12 040

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなして・・・ステンレスのワイヤー曲げて・・・

cg12 041

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなして・・・ クルッと回して・・・

cg12 042

 

 

 

 

 

 

 

 

できた!!左が複製品です。

そして、コイツは
cg12 043

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旋盤で真鍮をイジメ倒してその様な形に・・・

cg12 044

 

 

 

 

 

 

 

 

できた!!
足が長いように感じますが、実際長いです。
と言うか、最低でもコレくらいの長さがないと、掴めないんです。
切っても良かったんですが、調整には関係ない部分なので、そのままですね。
でも、重要なのは、太い方ですので、ここはバッチリ合わせました。

こんなBB弾位の大きさの物を普通の旋盤で作ると、近寄らないと見えないので、怖い・・・

機会に対して、余りにも小さいので、スーパー低回転で削ったので、時間がかかってしまいました・・・

部品ができれば直ぐですので、早速キャブ付けちゃいます。

cg12 055

 

 

 

 

 

 

 

 

結果は、正直今一歩。時間的にあまりブンブン丸すると、近隣からの視線に耐えかねるので、今日はこのままです。

昨年入れたおNEW工具、KOWAのシンクロメーター。

買う時に、6気筒用もあったのですが、4気筒用にしました。
無駄に2気筒分あってもしょうがないだろうな?使うことないし・・・

使うときあるじゃん。笑
やっぱり大は小を兼ねるんだな。