タグ別アーカイブ: R100GS

CBX1000車検完了~R100GS修理~CRM50修理

img_3264 img_3265

うーーー、アイフォンの画像をPCに取り込めない・・・・
XPじゃダメみたいで、とほほ・・・Win7に変えなきゃ・・・

えー、大変時間と手間が掛かったCBX1000の改造車の車検。
ようやく車検に合格しました。
ジェネレーター不良な上に、光量不足で、おまけにバッテリーが小さい物に変わっているので、
バッ直でエンジンが止まる始末・・・
ジェネレーター交換しても、さらに足りず、やっぱりバッ直で決めました。
限定検査だったんですが、最後の最後で構造変更になって、最初から検査やり直し。
ん~~、久々にヤキ入れられちゃいました。でも、受かったから良かったけど。
ようやく納車なんですが、洗車したらマフラーから水が入って、排気しない。
水抜き穴がなくて、テールエンドが排気ポートより上と言うデンジャラスな事実に気づいて
速攻で水抜き穴開けました。
おまけに、直前にウインカーが付かなくなって、リレー死亡。
これまた、調整式のリレーに交換して対処しました。
でも、納車したら、追加でハンドル交換になっちゃった・・・アハハのハ・・・ハァ~
古いバイクは色々ありますね~~。。。

img_3262
次いで、先日納車したR100GS。
走ってたら、バックファイヤーと共にエンジン停止。
直ぐに引き上げまして、各部点検しましたら、右ハンドルスイッチのカプラーが外れてました・・・
くそーーー、アングロサクソンめーーーー 爪付けろよなーーー。
BMWは何か、カプラーの不具合多いですね。
以前も、R80G/Sで火が飛ばなくて、イグナイターのカプラー外れてました。笑
ちなみにこの子は、オルタにセルモーター交換の予定です。

img_3261
そして、お客さんの息子さんのCRM50の電装修理。
ウインカー不調、メーター不調です。
個人売買で手に入れたみたいで、社外メーターに、LEDウインカー、デジタルリレーがぐっちゃり。
もう何がなんだか意味不明。
リレーのプラスをロービームから取ってあって、ハイにするとウインカー付きません。ガクッ
その他、ギボシに配線直巻きや切りっ放し配線、意味不明な結線など多数。
取り合えず、『フンフン』と分かるレベルに仕上げました。
しかし、ブレーキを握ると、青々と光り輝くブレーキ灯が!!
こりゃ、アカンやつですね。青はいけません。青は。
こんなもん、売ってはいけないと思うんですけど、何故か流通するんですよね~~。
全く困ったもんだ。

しかし、なぜだ?なぜスルっと終わらない??

 

ビラーゴ250リアブレーキ修理~R100GSペイント打ち合わせ

cg13-087cg13-085

今日は、足立陸事で新規登録と書類再発行→廃車の手続きを行い、
先日お預かりした、近所の女の子のビラーゴ250のリアブレーキの修理です。
このビラーゴ、リアブレーキが効きっぱなしになってます。
原因は、ドラムパネルのロッドの固着。
ブレーキのカスが噛み込んで、動きが渋くなった所に、グリス切れでOUT。
リターンスプリングの力じゃ戻り切れないくらいに渋くなってます。
踏み込み量も深いので、ついでにリアブレーキシュー交換です。
開けてみると、ドラム自体も結構減ってて、新品シューでも踏み込みが深くなります。
本当は、ドラムを交換したい所ですが、他にも要交換箇所が多数の為、今回スルーです。
ついでに、ステムが締まり過ぎてて、低速走行が非常に難しい車両になってますので、調整します。

その後、R100GSのSさんご来店で、ペイントの打ち合わせ。
サンプルを塗ってもらったので、あてがいながらベストなラインを探ります。
事前に撮影した車両の見本画像を拝見すると、既に色んなパターンの塗り分けが!!
フォトショップで加工したそうで、違和感レスでマジびっくりデス。
GSをこんな風にするんですか!?って感じに仕上がる予定です。
cg13-084cg13-083
海外から取り寄せた部品をふんだんに使用しています。
普通に海外から部品が取れるって、素晴らしいです。
本当に便利な世の中です。

GSの完成、個人的にも非常に楽しみです。

KZ1300 SHOEI当時物ビキニ装着~CBX1000モトコ当時物ビキニ装着~R100GS シングルシート取り付け~

cg13 019cg13 016cg13 020

本日は、CBX100へのモトコの当時物ビキニカウルの装着。

結構『飛ばす』オーナー様ですので、取り付けはしっかりと。
カウル下部からライトステーに向けて2mm厚のステーを製作しました。
上側は、アルミステーで固定。
この状態で、カウルを持っただけで、車体が揺らせます。

お次は、KZ1300に当時物ビキニカウルの装着。
SHOEIの角ライト用のビキニカウル、何とカナダにあったデットストックを取り寄せ、
KZ1300に合う様にリペイントし、装着です。
普通に付けると、かなり手前に来てしまう為、ライトステーを2.5cm延長して5mm上げる。
ウインカーは本来の位置だとカウルに干渉してしまうので、下に下げて装着。
その際に、ちゃっかりステーも2cm短いものに換えました。
お陰で、カウルはステムカバーとツライチに装着。
ウインカーもカウルから飛び出さず、ビシリとマトマッてます
チリが合っているので、社外感無し。純正然としています。

R100GSは、オーナー様が個人輸入されたプログレッシブのリアサスとシングルシートキットの取り付け。
簡単に付くと思いきや、まさかの手間作業・・・トホホ
リアサスが長くて、入らないトラブルが!!
スイングアームもMAX下げてあるのに入らない・・・入らなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~ぃ!!
叫んでもしょうがないので、少しサスを縮めてどうにか装着完了。持ってて良かったスプリングコンプレッサー❤️
シングルシートもチャチャッと・・・
とは行かず、やはりワッシャーやカラーを補充しないと付かない・・・
正確には、既存のリアキャリアと水平が出ない・・・
もちろん、補充して水平出して完了。
鍵の位置が悪くて、キーが挿せない状況になりましたが、カラーでオフセットして何とかクリアー!!

何事も、一筋縄では行かないですね。
特に、汎用品や流用品は加工が付き物で大変です。
付けるだけなら簡単ですが・・・
あれ?でも、実は付けるだけで良かったのかな?
こういう風にしか付きません!!って言う答えもアリなのかもしれない・・・ (-ω-;)ウーン